So-net無料ブログ作成

タンデムグリップカバー [バイクに関連すること]

無い物は作る主義のラスカルです。
長距離ツアラーであるRTにはグリップヒーターだけじゃなくシートヒーターも標準で装備されている。 
ところが、残念な事にタンデマー用にもシートヒーターは装備されているものの・・・
タンデムグリップにはヒーターが無い。
 
そこで、去年の冬にはタンデムグリップに巻き付けタイプのグリップヒーターを張り付けた。
見た目は少々悪いが、耐久性と握りやすさなどを考慮して上から自転車のハンドル用のテープを巻いている。 
 
 androidapp/7260161229134642-1854212008.png
 
先代RTにはハンドルカバーを加工したタンデムグリップ用のカバーを作った事もあった。
ただし、なんだか不格好だったが(笑)
そこで、今回は新たなタンデムグリップカバーの作成をする事にした。 
 
まあ、こんな感じ!
 
androidapp/7259161229134643749959864.png 
 
使い古してお尻の部分の縫い目から破けたオーバーパンツの裾をカット。
それをひっくり返して、タッカーをホチキスモードにして切り口を閉じて袋状にした。
 
横にグリップを通す穴をカッターで開けて・・・
 
車体からグリップを外して通してから再び固定した。 
 
 androidapp/7258161229134644-511273831.png

 
androidapp/7262161229134639-1015875964.png  androidapp/72611612291346411179059171.png
これで手が冷えやすい相方も薄手のグローブで十分耐えられる筈です。 
 
 
 
最近スクーターでタンデムする人も増えているので・・・
こういう商品が市販されれば良いと思うんだけど。
ヒーター無しでも、こういうカバーがあれば厚手のグローブじゃなくてもイケると思いますよ。 
グリップ外さなくても装着できるように、途中に切れ目を入れてそこにグリップ通したらベルクロテープで塞ぐようにすれば簡単なんだけどなぁ。
しかも、ネオプレーンみたいな多少伸縮性のある素材を使えば更に良いと思います。 
どこかのメーカーさん、このアイデア採用してみませんか?
(お代はいりません)
 
 
 
そして、今年もよろしくお願いいたします(笑) 
 


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク